読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここ最近お騒がせしている件の経緯と私見です

「冬コミで会っていた、ブロックされたから」という理由のみで晒しの犯人だと断言され、被害を受けた件の詳細です。

④騒動をまとめた理由

冬コミで会っていてブロックされたから」という2点のみで突然名前を出され、晒し上げの犯人であると断言されたにも関わらず、今まで詳細を語るのを避けてきたのは、A氏と共通のフォロワーさんが多数居るのを配慮してのことです。

しかしA氏から友人伝いに送られてきたメッセージは、要約するとこう読み取れるものでした。



「納得いかない点や不自然な点が多々あるがこの件は墓場にもっていってあげるから愚痴垢の迷惑行為や攻撃行為をきゆうさんの方からやめさせてくれ」



前述した2点のみで私たちの名前を広めたことを謝罪した上で迷惑行為をやめさせるのを協力してほしい、ならまだ多少は解りました。はっきり言います。巻き込むのはいい加減にしてください。晒されたという点に関してはA氏は確かに被害者です、が身勝手な想像で突然名前を出し、他者を巻き込み騒ぎ立てた点に関してはA氏は被害者のそれとは真逆の存在です。もう一度言います。あなた方に巻き込まれた被害者はこちらです。


A氏は以前私が諸事情あり一時的にアカウントを消している最中に、私の無断転載されている絵を拡散してそれをフォロワーに指摘されたにも関わらず、RTは取り消す事なくしばらく騒ぎ立てた後アカウントを消した。と友人複数名から聞いています。(数ヶ月後「ネタ被りが嫌で作品を見ないようにしていたから知らずに拡散してしまった」とご本人から直接謝罪も受けています。)

この件に関しては無断転載したわけではなくRTのみだったこと、RTを解除しなかったのも突然指摘されたから驚いていたのだろうとこの時は納得していたのですが、今回このような事になり、またか、といった気持ちです。



A氏が晒された、というのは事実ですが、その晒されたA氏自身のツイート(複数のスクショ)は文章だけみたら誤解されかねない内容であると感じました。
私はお子さん連れのA氏と偶然お会いしたことがあるので、お子さんが大変A氏に懐かれていた事、とても仲が良さそうにされていた事を目にしているので解ります。が文章だけの世界はそうもいきません。物事が事実とは異なる形で伝ってしまうこともあるかと思います。
なら尚更、あやふやな根拠で犯人であると決めつけ友人方と一緒になってこちらを責め立てる前にまずすべき事があったのではないでしょうか。



人の名前を出してブロックされた、などと騒ぎ立てる方が何名かいるようですが、前述の理由だけで犯人なのではと拡散できる方は不気味なのでブロックしています。
そもそもブロックされた=晒した犯人、だと断言するのはあまりにも短絡的であると考えます。「Twitterで叩かれた!犯人は最近ブロックしたこの2人であるに違いない。」と決めつけてきた方々が十代ならまだ若さゆえ仕方ないのか、等と思えたかもしれません。が
A氏サイドの方は全員いい大人である私よりも更に歳上です。そんないい大人が何故冷静に物事を捉えることができないのでしょうか。



私たちが結託して気に食わない人間を叩いた、或いはどうしてもそのように持っていきたいのでしょうが、Z氏とは仲が良いとはいえ個の存在であり、ましてや大人です。例えいくら気に食わないからといって大人として恥ずべき行動はしません。



友人伝てに受け取ったA氏からのメッセージにはこちらを犯人と信じて疑わず、謝罪のひとつもありませんでした。それどころか事の収束をこちらに丸投げし、更に「これ以上の波風はきゆうさん自身にも煩わしいのでは?」とありましたが、はっきり申し上げます。波風を立て盛大に騒ぎ立てたのはA氏更にその周囲の方々です。私は突然名前を出されただけに過ぎません。
その私に自身の尻拭いをさせようとするとは何事でしょうか。理解の範疇を超えています。



こちらが詳細を語らないのをいい事に、あくまで被害者であるという姿勢を崩さず、あまりにも身勝手な言い分で引っ掻き回し、更にこちらを利用しようとしている事からこれ以上巻き込まれるのは耐え難いと判断し、今回このようなまとめを作らせていただきました。
以上が私の気持ちと、お伝えする経緯となります。
色々ありましたが、楽しい時間もあったので残念です。
私の名前が出たことによりご心配、ご迷惑をおかけした方、申し訳ございませんでした。




※今回私は本件に関して友人たちに相談しています。その中で直接本人たちにコンタクトをとろうと動いた子が1人いました。
辛そうな私のことを心配して動いてくれたのは事実です。がヒートアップしてしまい行き過ぎた過剰な追求があったこともまた事実です。
その点におきましては私にも責任の一旦がある為謝罪いたします。申し訳ございません。